性行為感染症に感染していなくてもあそこが臭い原因

女の子のあそこの臭いは、おりもの臭とすそわきが臭に大きく分類されています。
すそわきが臭は、陰毛が生えている部分の汗を分泌するアポクリン腺から分泌される物資が原因の臭いです。
おりものは、子宮への細菌などの進入防御や精子の進入補助などの為に子宮内膜や膣内から分泌物される粘液なので基本的に無臭ですが、排卵日前後や生理終了直後などはおりものの酸性度が上がっているので、酸っぱい臭いを放つケースが多くあります。しかし、清潔にしていてもチーズの様な乳酸発酵系の強烈な臭いを発するケースがあり、その場合はクラミジアや淋病、カンジダ症、性器ヘルペスなどの性行為感染症や細菌性膣炎等により悪臭を伴うこともあります。
細菌性膣症は、魚が腐った様な強い悪臭を放つ灰白色のおりものが排泄される事から魚臭帯下とも呼ばれています。一般的に膣内は、強い酸性の乳酸菌により細菌など侵入や繁殖を防御していますが、過労による疲労や過度のストレスなどにより膣内の自浄能力が低下すると大腸菌などが繁殖し悪臭を放ちます。又、過度のセックスや膣洗浄のし過ぎも膣内の自浄作用を低下させ、細菌性膣炎を誘引します。性行為感染症に罹患していなくても、女の子のあそこは悪臭を放つので定期的な検診を受診した方が無難です。

あそこの臭いを改善する方法

あそこの匂いが臭い原因は、主に膣内環境の悪化による分泌液、すそわきが、性感染症の3つで、性感染症に関しては改善する方法はないので、素直に病院で治療を受けることが必要となります。膣内で雑菌が繁殖して分泌液から異臭が起こる場合や、すそわきがが原因となる場合は、専用の石鹸などを使用して原因となる雑菌を除去することで匂いが改善されるようになります。ただし、綺麗にしただけでは匂いは取れますが、その根本的な問題を解決するには至らないため、それぞれの原因に対して生活環境などを改善することも必要になります。女性のあそこは月経によって匂いが発生しやすい傾向にあり、ホルモンの影響で皮脂腺が刺激されて、皮脂が多く分泌されるようになると、雑菌と混ざり合って独特の臭さを発するようになります。また、皮脂腺中の脂肪酸が酸化することによって強い匂いを放つようになるので、これらを防ぐために皮脂腺を刺激するホルモンのバランスを調整することが重要になります。口にするのは簡単ですが、ホルモンを調整することは簡単ではないですが、バランスの良い食事や質の良い睡眠が関わってくるので、生活習慣を正すことがホルモンバランスを調整することだと考えても良いでしょう。

あそこの臭いが気になる時の対策法

デリケートゾーンであるあそこは臭いが発生しやすい場所でもあります。下着や衣服によっては蒸れてしまうこともあり、季節を問わず臭いが発生しています。
おそこの臭いが発生する原因には性病にかかっている、陰部が腋臭になっている、分泌液の状態が良くないということがあります。
性病の場合はおりものなどに変化が現れたり、体調がいつもと違くなったりするので、医療機関を受診しないと良くなりません。
一般的に多いのが分泌液による臭いです。
チーズや魚のような臭いがすることが多く、分泌液が原因の場合は膣内に雑菌が繁殖したり、菌のバランスが乱れていることで起こります。このような時は膣内にある善玉菌を整え、雑菌の繁殖を抑えなくてはなりません。
対策法としてはハーブが配合された石鹸で洗う、免疫力を上げる、膣洗浄器を使用することがあげられます。
もともと膣には自浄作用があり、膣内に細菌が入ったり、雑菌が増殖したりするのを防ぐ働きがあります。ですがストレスや睡眠不足、疲れ、甘いものを多く摂取する、冷え性といった場合は免疫力が下がり自浄作用も低くなっていまいます。また、膣内を洗い過ぎてしまうと必要な善玉菌も洗い流してしまいます。臭いがきついからと言ってビデを使用しすぎると善玉菌も流れ出てしまうのであまり使用しないようにします。

あそこの臭いは石鹸で解決できる

誰にでも自分の体に対して、多かれ少なかれコンプレックスを持っているものです。その中でも特にコンプレックスになりやすい原因があります。それは、体から発せられる臭いです。体臭を発する場所にも色々ありますし、生まれつき他の人よりも、体臭の強い人もいるので、とてもデリケートな問題であり、他人が気軽に指摘し難いこともあり、本人は自分が臭いを発しているのかどうかとても気にしてしまうことがあります。しかし、臭いを発している部分が下半身のあそこである場合は、それほど解決困難な問題ではない場合がほとんどです。男性であれ女性であれ、あそこの臭いは人によって強い弱いがあります。しかし、例え臭いが強かったとしても、お風呂に入った時に、石鹸を使ってあそこを優しく洗えば大丈夫です。それを毎日欠かさず行うことで、ほとんどあそこからの臭いはしなくなります。そして、なるべく臭いがこもらないようにする為に、あそこ周りの毛も短く切っておくか、空きバサミで空いて毛の密度を減らしておくことも有効です。それでもパートナーなどから指摘されるようなことがあれば、一度泌尿器科或いは産婦人科の病院に行って検査してもらうことを考えてもよいでしょう。

あそこの臭いを取る商品でおすすめのサイトです